30代夫婦が妊活をして赤ちゃんを授かるためにやったこと

30代夫婦の妊活子作り体験&現在進行系育児奮闘記

子連れ旅行 育児

第2子妊娠7ヶ月、2歳児子連れで那須旅行はウェルカムベビーの宿。りんどう湖とビュッフェ満喫。牧場でエサやり体験。

更新日:

第2子妊娠7ヶ月、2歳児子連れで那須旅行はウェルカムベビーの宿。りんどう湖とビュッフェ満喫。牧場でエサやり体験。

こんにちは、育児真っ最中一児の父、管理人のNACKです。

学生さんは夏休みに入ったようですが、我が家の2歳時は変わらず保育園に通っています。

すっかりいろいろなことができるようになって、最近は「アンパンチ」でパパを思い切り殴ることが日課です。

 

という訳で、少し早めの夏休み家族旅行に行くことにしました。

行き先は、平地よりはちょっと涼しそうな栃木県は那須高原。

我が家は現在、妊娠7ヶ月の妻がおりますが、お陰様で妊婦生活は順調そのもの。

特別問題があったり、体調が悪かったりということはまったくないので、時々、夫婦そろって妊娠していることを忘れてしまいます。

 

しかし、これからお腹もどんどん大きくなってきますから動きにくくなりますし、遠出はなるべくさけたいところ。

夏休みが本格化して観光地が混む前に、おなかがポンポコリンになって動けなくなる前に、夏休みの想い出を作ってしまおうということで、「妊娠中の子連れ旅行」に行ってきました。

 

メインの目的地は那須高原の「那須りんどう湖レイクビュー」。

昔は「りんどう湖ファミリー牧場」と呼ばれていた場所です。

りんどう湖レイクビューで乗り物や動物とのふれあいを楽しんだ後、隣にあるレストランでビュッフェを堪能。

こちらのビュッフェは、美味しいステーキが食べ放題という魅力的なレストランです。

 

りんどう湖で激しく遊んだ後は、すぐ近くにあるりんどう湖ロイヤルホテルに宿泊。

こちらはミキハウスの「ウェルカムベビーの宿」に認定されている子連れ家族にとっても優しいお宿。

我が家は基本的に、ウェルカムベビーの宿を選んで宿泊するようにしています。

だって、めちゃくちゃ子連れに優しくて、便利なんですよ。

本当に助かります。

ウェルカムベビーの宿さまさま。

 

翌日は、入場料無料で楽しめる太っ腹な南ヶ丘牧場で、動物とのふれあい体験。

うさぎさんを15分からレンタルできる「うさんぽ」と、初体験となる「乗ロバ」を体験してきました。

まさかロバに乗れるとは思わなかったので、息子の成長を実感した瞬間でした。

それでは、妊婦・子連れの那須の旅珍道中を御覧ください。

お子様連れの旅行や、旅行に行こうと計画している妊婦さんの参考になれば幸いです。

 

妊婦・子連れで那須高原へ夏休み旅行に行ってきた

妊婦・子連れで那須高原へ夏休み旅行に行ってきた

今回の那須旅行は、7月半ばの金・土を利用して行ってきました。

息子の通う保育園が、年長クラスの夏祭り&お泊り保育の影響で「午前のみ保育」だったため、思い切って仕事を休み、保育園も休み、おそらく空いているに違いない金曜日の平日に行きました。

平日だと、どこの観光地も空いているし、ホテルの宿泊代も安いので、とってもお得です。

お仕事の都合でお休みがとりやすい方には、平日旅行は大おすすめです。

妻は妊娠7ヶ月の妊婦ということで、しっかり母子手帳を持ち、万が一に備えて産婦人科のある病院なども調べて行きました。

 

車で那須高原に出発。快適ドライブで妊婦も安心

我が家から那須高原までは、高速道路を使って車で2時間くらい。

ドライブには調度良い距離です。

二人目の子どもが産まれることが分かってから、フィットからセレナに車を変えました。

社内が広くなって、息子も妻も快適そうです。

 

妊婦さんが旅行をする場合は、やはり車の方が楽かも知れません。

電車旅も「乗っていれば目的地に着く」という楽な面もありますが、駅を歩いたり、目的地での移動を考えると、負担が少ないのは車でしょう。

電車の場合、2歳の息子が「絶対に途中で飽きる」というデメリットもあります。

息子が飽きて大騒ぎを始めたら、それこそ他のお客さんの迷惑ですし、親も大変です。

車に乗っていれば、ある程度大人しくしていますし、テレビでアンパンマンを観ることもできます。

飽きたらサービスエリアで気分転換もできるので、我が家は今のところ「子連れ旅行は車派」です。

 

りんどう湖レイクビューで遊ぶ。電車、ボートに乗り、うさぎやひつじにエサやり体験。

道中いろいろありましたが(途中のサービスエリアで休憩した時に、眠かったのか息子の機嫌がすこぶる悪く。それを直すために、おもちゃを二つも買わされた。パパ、2000円の臨時出費)、無事にりんどう湖レイクビューに付きました。

りんどう湖という人工の湖を中心とした自然豊かなレジャー施設です。

レストランや牧場でとれた牛乳を使ったソフトクリームなどが食べられるカフェ。

牧場での動物とのふれあい体験や乳しぼり体験。

遊覧船やゴーカート、電車などの乗り物。

などなど、子どもが一日楽しめるアクティビティがたくさん用意されています。

うちの息子はまだ2歳半なので、遊べるものはそれほど多くありませんが、とにかく自然が大好きな男なので(斜面や森が大好物)、到着してすぐに興奮していました。

りんどう湖レイクビューのソフトクリーム

チケットを買って、りんどう湖レイクビューの中へ。

金曜日だけあって、駐車場も空いています。

入ってすぐに、当たり前のように「それでは写真を撮りまーす」とおばちゃんが声をかけてきますが、丁重にお断りしましょう。

写真を購入してもらうための作戦です。

あまりにも自然なのでついつい写真撮影してしまいそうになりますが、必要なければ断りましょう(もちろん撮ってもらっても問題なし)。

 

湖沿いに少し歩いて、行ったのですが、目当ての牧場はかなりの距離。

これは園内を周回しているシャトルバスに乗らないとまずいと気づき、チケットを購入しました。

 

ゴーカートや遊覧船などの乗り物に乗るにはチケットが必要です。

バラ売りもしていますが、どうせいろいろと乗るので「とくとく乗り物チケット」を購入してしまった方が良いでしょう。

これは2800円で、園内の乗り物が3500円分乗れるというチケットです。

1枚持っていれば家族全員で使えるので便利です。

ちなみにシャトルバスは大人一人300円、遊覧船は大人一人400円かかります。

2歳時は無料でした。

 

シャトルバスがやってくるまで、近くのカフェで一休み。

とれたて牛乳でつくったソフトクリームをいただきました。

那須高原といえどもやはり暑い!

30度は確実に越えており、すでに汗だくです。

りんどう湖レイクビュー シャトルバス

シャトルバスに乗って、いざ牧場ゾーンへ。

トラクターが客車を引いていくというなんとも牧歌的な列車で、ゆっくりと進みます。

こちらも平日なので、空いていて快適。

りんどう湖レイクビュー

20分ほどかけて、ぐるっとまわって牧場ゾーン「りんどう湖ファミリー牧場」に到着しました。

こちらがメインのふれあい広場です。

りんどう湖ファミリー牧場

アルパカ、ひつじ、ヤギ、うさぎ、ポニーがいます。

牛と馬は別の場所。

りんどう湖のアルパカ

アルパカは毛を刈られて、おもしろい動物になっていました。

おかあさんといっしょの「ブンバボーン」に出てくるアルパカだよ!

「アルパカパカパカちょっとオカピー!」と夫婦で一生懸命歌ってみましたが、息子はまったくアルパカに興味を示さず行ってしまいました。

すまん!アルパカ!

りんどう湖レイクビューファミリー牧場

まるまると太ったひつじたち。

ヤギさんはレンタル可能で、一緒にお散歩ができます。

ひつじとうさぎ、もちろんヤギにもにんじんを細切りにしたエサをあげることができます。

はじめは間近に迫る動物たちに恐れおののいていた息子も、しばらくたつと積極的に動物たちとからむようになりました。

自動販売機でチケットを買って、係のお姉さんに渡すと細切りにんじんをもらえます。

息子はお気に入りの小さなひつじににんじんをあげたのですが、にんじんを見るとひつじもヤギも目の色が変わり、息子をおいかけて行きます。

ひつじさんの猛アピールにあって息子もまんざらではなさそうでした。

りんどう湖うさぎにえさやり

うさぎには、金網越しにエサをあげます。

 

動物とのふれあいを十分に満喫したので、今度は遊覧船に乗ろうということで乗り場へ。

りんどう湖レイクビュー遊覧船

僕が子どもの頃は、もう少し大きな船があったように感じたのですが、それは僕が大人になっただけでしょうか?

こぶりでかわいい遊覧船は、やっぱりがら空き。

本当はだめかもしれないですが、乗船直前に買った(店員さんが機械の使い方が分からず、かき氷を作るのに時間がかかった)かき氷を食べながら、船の旅を楽しみました。

りんどう湖レイクビュー遊覧船2

水の上なので、風が気持ち良いです。

僕たちは牧場ゾーン近くの「ホルンの森桟橋」から乗り、正面ゲートを目指します。

りんどう湖ジップライン

途中で、ジップラインの下を通ります。

小学3年生からできるアクティビティだそうです。

お兄さんは余裕がなかったのか、手を振り返してはくれませんでした。

この日は比較的空いていましたが、休日は1〜2時間待ちの大行列だそうです。

イッテQの影響でアクティビティ人気なのでしょうか。

この真夏に1〜2時間待ちはきついぜー。

りんどう湖レイクビューのビュッフェレストランでステーキを堪能

りんどう湖ビュッフェレストラン

こちらは、りんどう湖レイクビューに隣接するビュッフェレストラン「Mekke」です。

りんどう湖レイクビューを利用しない人でも使えます。

りんどう湖レイクビューの中で遊んでいた場合、一度外に出なければいけないので、もう一度中に入りたい場合は係の方に申し出て、「再入場チケット」をもらいましょう。

 

りんどう湖ビュッフェレストラン2

店内は広くて、おしゃれ〜

大人一人2500円で70分食べ放題。

2歳時は無料です。

まあ、普段は2500円なんてなかなか出せませんが、観光地価格ですし、旅行ですし、「ぱーっといったれー」ということで惜しみもなく5000円払います。

ただ、こちらのレストランは料理のレベルも非常に高いので、2500円出す価値は十分にあります。

元はとれますのでご安心を。

りんどう湖ビュッフェレストラン3

地元でとれた食材を中心に、洋食、中華、和食の料理が並びます。

どれも美味しそうで目移りします。

りんどう湖ビュッフェレストランサラダ

サラダ関係も非常に食材が豊富。

団体の奥様やマダムの皆様が、山盛りサラダを作って、もしゃもしゃたいらげていました。

りんどう湖ビュッフェレストランのシェラスコ

こちら、シェラスココーナーでもらったお肉。

シェラスコとは、ブラジルなど南米の料理で、串に様々な肉をさして焼き、ナイフで切り分けて食べるバーベキューです。

外のバーベキュー場で焼いた肉を店内でシェフが切ってくれます。

牛、豚、チキンの3種類あるのですが、このチキンがまた絶品でした。

りんどう湖ビュッフェレストランのステーキ

こちらステーキです。

食べ放題です。

お皿の上に山盛り盛られていて、いくら持っていっても怒られません。

たぶん、500gくらいは食べたと思います。

調子に乗って、きゅうりのピクルスのせて写真を撮ってみました。

本当に、お口の中が幸せになるステーキです。

 

とまあ、高級ビュッフェを満喫しているように見えますが、写真には写っていないところで、息子の世話に四苦八苦です。

落ち着いて座らない息子をとっつかまえ、なんとかご飯を食べさせ、ジュースがほしいという息子を抱っこしてジュースコーナーまで連れていきと、ゆっくり食べる暇なんてありゃあしません!

小さいお子様をお持ちの皆さんはみんなそうだと思います。

「ご飯くらい、ゆっくり好きなもの食べたい!」

こんな小さな願いもなかなかかなわない。

それが子育ての大変なところです。

レストランとなりのマルシェでお買い物&お土産購入

りんどう湖レイクビューお土産

レストランの隣には、おみやげが買えるマルシェがあります。

トイレで息子のおむつを取り替えてから物色タイム。

ちなみに、ちゃんとおむつ替え台がある多目的トイレが設置してあります。

 

マルシェの商品は、お菓子や乳製品などが中心ですが、どれもパッケージのデザインがおしゃれです。

統一感のあるデザインをしていて、色の違いで味や種類を分けたりとセンスを感じます(僕の本業はグラフィックデザイナー)。

りんどう湖レイクビューお土産

 

りんどう湖レイクビューお土産

店内にちょっとしたイートインがあり、プリンやヨーグルトなどを食べることもできます。

りんどう湖レイクビューお土産

レストランで会計した時に、こちらのマルシェの割引券をもらいました。

商売が上手ですな。

 

妻がお土産を選んでいる間、僕は息子の相手。

ところが、もう疲労困憊でおなかいっぱい状態の息子はオネムです。

オネムになるとどうして幼児は機嫌が悪くなり、暴れるのでしょうか。

僕はしばらくの間アンパンチをくらい続け、メガネをとって遠く遠くへ投げられるという家庭内暴力を受けながら妻を待ちました。

心の中で「何でも良いから早くしろやー」と思っていたのは、愛妻には内緒です。

 

妻が買い物を終えて帰ってきたので、息子をかついてすぐそばの駐車場へ。

すると、息子は車へ着く前に寝てしまいました。

ぐっない!まいそん!

しばらく起きるな!

 

息子を車に乗せて、いざホテルへ。

時間は午後2時。

調度良い頃合いです。

りんどう湖レイクビューは満喫できたので、1日目は大満足です。

 

那須りんどう湖レイクビュー

〒325-0397 栃木県那須郡那須町高久丙414-2【地図

営業時間:9:00~17:00 ※季節よって変わります

入園料:大人(中学生以上)1,600円・小人(3歳~小学生)800円

那須りんどう湖レイクビュー公式ホームページ

 

HISのホームページで、平日なら入園料50%off、土日祝でも20%OFFになるクーポンが人数限定でもらえます。

ぜひともご利用ください。

りんどう湖レイクビューの限定割引クーポン

 

ウェルカムベビーの宿「りんどう湖ロイヤルホテル」に宿泊

りんどう湖ロイヤルホテル

りんどう湖レイクビューから車で5分とかからない場所にりんどう湖ロイヤルホテルはあります。

運営するビジネスホテルの満足度が高いと評判の「ダイワロイヤルメンバーズ」系列のホテルなので、非常に期待できますね。

りんどう湖かぶとむし

入り口横にはカブトムシハウスがあり、これでもかとカブトムシがいます。

カブトムシ大好きな小学生男子にはたまらないシチュエーションでしょう。

りんどう湖ロイヤルホテル

入り口を入ると、もうウェルカムベビーな感じです。

ロディが並んでお出迎え、息子よ、寝ている場合ではないぞ。

ロビーは清潔感があり、好感度抜群です。

りんどう湖ロイヤルホテルキッズゾーン

こちらロビーにあるキッズゾーン。

ブロックやお絵かき、ミニカーなどで遊べます。

りんどう湖ロイヤルホテルキッズゾーン

りんどう湖ロイヤルホテルキッズゾーン

僕が着いた時はまだ込んでいませんでしたが、チェックインなどで時間がかかる時は、子どもたちが遊んでいてくれると助かりますよね。

広いので、たくさん子どもがいても大丈夫そうです。

りんどう湖ロイヤルホテルキッズゾーン

ちょっとしたゲームコーナーがあり、SLマンがいました。

息子が喜んでくれるのは良いですが、「いつまで経ってもやめてくれない」のは本当に困ります。

息子を説得するのは、FBIのネゴシエーターでも苦労するでしょう。

ちなみに、大浴場の奥に本格的なゲームコーナーがあります。

湯上がりの親子がクレーンゲームなどで楽しんでいました。

りんどう湖ロイヤルホテルプール

ホテルの敷地内には芝生広場とプールがあります。

この日も暑かったのでプールは大盛況。

息子も水着を持ってきましたが、ホテルのベッドで爆睡していたので入ることはできませんでした。

幼児でも遊べるように、深さが調整されているようです(下側が幼児用)。

子連れには和洋室がベスト。ツインベッドの洋室+和室のお部屋

我が家は、旅行をする時は和室か和洋室にしています。

普段は布団を敷いて川の字になって寝ています。

ベッドだと寝相の悪い息子が落ちる可能性がありますし、あまりムダな家具を起きたくないので我が家は布団派です。

 

和洋室だと親はベッドに寝て、息子は和室部分に寝ることができるので、安心です。

幼児は添い寝の場合は無料ですが、寝具を別に用意してもらうと料金がかかります。

りんどう湖ロイヤルホテルの場合は、別に布団を用意すると3000円程度かかるのですが、「親が和室部分で寝るために布団が欲しい」ということにすると、寝具は無料で提供してくれます。

受付のお姉さんがそのように手続きしてくれたので、息子の寝具代は無料です。

ラッキー♪。

りんどう湖ロイヤルホテル和洋室

もう荷物を広げてしまったので、小汚いですがご容赦ください。

お部屋はとってもきれいです。

りんどう湖ロイヤルホテル和洋室

今までのホテルに比べて、和室部分が非常に広い!

これくらいあると、息子が転がっても落っこちないので安心です。

りんどう湖ロイヤルホテル和洋室

部屋は広く、空調もしっかり効いているので夜もよく眠れました。

7階だったので、那須高原に広がる森と青い空が堪能できました。

那須ロイヤルホテルの夕食ビュッフェでまたステーキを喰らう!

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

待ちに待った夕食です。

ランチであれだけ食べたのに、人はお腹が空くのです。

息子が爆睡しておりましたので、夕食会場(13階の天空レストラン)に行ったのは、6:30頃でした。

 

最初に入った家族がちょうどもうすぐ食べ終わりますよという時間帯だったので、とても込んでいました。

狭い待合いスペースで待っているのは大変です。

何より息子が暴れます。

何とか息子をなだめすかし、アンパンマンせんべいで気をひき、どうにか30分くらい耐えました。

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

和洋中とにかくなんでもあります。

そして、すべてが美味しそう。

なんといってもメインはその場で焼いてくれるサーロインステーキ。

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

まぐろの解体ショーもやっていました。

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

解体したその場で新鮮まぐろを提供。

子どもたちが興味深そうに眺めていましたが、うちの息子はふりかけご飯に夢中です。

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

こういうの出されると、そりゃ食べたくなります。

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

とっても美味しくいただきました。

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

キッズコーナーもあります。

息子は、フライドポテトを袋に入れ、スパイスをかけてシャカシャカする「シャカシャカポテト」がいたくお気に入りで、お腹がポンポコリンになるまで食べていました。

この他にも、市販の離乳食がたくさん用意されていましたので、乳幼児をお連れの方も特別用意をすることなく食事ができると思います。

りんどう湖ロイヤルホテル夕食

デザートまで、お腹いっぱい満喫して、帰りました。

太るね、こりゃ。

お風呂はちょっと熱め。キッズシートやおもちゃもあります。

ご飯を食べたらお風呂です。

妻は妊婦なので、出来たらレンタルできる家族風呂があるとありがたかったのですが、りんどう湖ロイヤルホテルにはありません。

まあ、平日で空いているので妊婦でも気兼ねなく入れたようです。

 

息子は父親の僕とお風呂に入ります。

365日一緒に入ります。

浴場は独別広くはありませんが、ウェルカムベビーの宿らしく、子どもを座らせておくお風呂用キッズシートや水遊びのおもちゃなども置いてあります。

ベビー用のボディウォッシュもありますので、持っていく必要はありません。

 

ちょっと問題なのが湯船の熱さ。

大人でもちょっと骨身に染みる熱さです。

うちの子は、あまり熱い湯に入るとじんましんが出てしまう可能性があるので、半身浴程度で終わらせました。

できれば、子ども用にちょっと温めの湯船もあるとうれしいですね。

よろしくお願いします!ロイヤルホテルさん!

 

りんどう湖ロイヤルホテル

〒325-0302 栃木県那須郡那須町高久丙4449−2【地図

電話: 0287-76-1122

りんどう湖ロイヤルホテル公式サイト

 

ウェルカムベビーの宿宿泊プラン

那須りんどう湖ロイヤルホテルウェルカムベビーの宿

子連れ旅行に最適なりんどう湖ロイヤルホテルの宿泊プラン

 

絶品オムレツと牛乳を飲んで、いざ南ヶ丘牧場へ

りんどう湖ロイヤルホテル朝食

りんどう湖ロイヤルホテルの朝食は同じ会場でビュッフェです。

食べ放題が一番気軽で良いですよね。

子連れには。

りんどう湖ロイヤルホテル朝食

那須自慢のおいしい牛乳と新鮮卵を使ったオムレツ(チーズ、デミグラス、ケチャップの3つのソースがかけ放題)でお腹を満たし、いざ南ヶ丘牧場へ。

 

この日は、午後から雨の予報だったので、午前中のうちに牧場を満喫して、早めに帰途につく予定でした。

南ヶ丘牧場は

  • 朝8時からやっている
  • 入園料無料
  • 駐車場無料
  • ご飯もソフトクリームも食べられる
  • 動物いっぱい!

と、子連れ旅行にはなんともありがたいスポットです。

我が家は、結婚前から那須に行ったら必ず南ヶ丘牧場に立ち寄ります。

妻がソフトクリーム大好きなもので。

南ヶ丘牧場

南ヶ丘牧場には、馬、ロバ、ジャージー牛、うさぎ、あひる、ひつじ、ヤギなどの動物がいて、それぞれふれあい体験ができます。

また、かぶとむし釣りやますつかみ取り、釣り堀、アーチェリー、パターゴルフなど、幼児から小学生まで楽しめるアクティビティが多いですので、ぜひともオススメのスポットです。

こののんびりとした雰囲気がまた良いんですよ。

新鮮な空気が胎教にも良さそうです。

 

南ヶ丘牧場

うさぎのお散歩とエサやり&ロバに乗る!

前日のりんどう湖レイクビューで動物へのエサやりが気に入った息子、2歳5ヶ月。

南ヶ丘牧場では、「うさんぽ広場」にて、リードを付けたうさぎさんをレンタルして一緒に遊ぶことができます。

料金は、15分:500円。

にんじんの角切りエサは1本100円です。

南ヶ丘牧場うさぎの散歩

黒いうさぎさんをお借りして、さんぽに出発!

うさぎさんは狭いところが好きなのか、木の陰にみんな集まって行きます。

うさぎが集まれば、当然、それを連れている子ども、そして子どもについてくる親も集まるので、ひとつの木の周りに大家族が集まるという不思議な光景が!

気まぐれうさぎにも困ったものです。

南ヶ丘牧場うさぎの散歩

息子もなればもので「どーじょ」とにんじんを差し出して、うまいことエサやりができます。

うさぎもサービス精神旺盛で、ガリガリと気持ちよく音をたてて食べてくれるのでありがたいです。

300円分のにんじんをうさぎに大放出し、15分間のうさんぽが終わったのですが、案の定息子は「おいこら、まだ遊ぶに決まってんだろ」と起こっています。

しかし、ルールですのでうさぎは返します。

その変わりに、となりにあった「ロバ乗り体験」に息子を誘ってみました。

やきそばパンマンになった気持ちでロバに乗る

息子はアンパンマンが大好きなのですが、やきそばパンマンやハンバーガーキッドが出てくると、必ず僕に「馬になれ」といってまたがります。

そのお話が終わるまでの10分と少し、僕は馬として生きることになります。

そんな息子なので、馬ならぬロバに乗るのは大興奮のはず。

 

乗馬コーナーもあるのですが、あまりにも大きくて息子がおののいてしまったので、ここはまずロバから始めようということでロバに乗ります。

なんどか「乗る、乗らない」の押し問答を繰り返しました。

息子も「乗りたいけど、なんだか怖い。でもやっぱり乗りたい」という心の葛藤があったのだと思います。

小さいながら、しっかりといろいろ考えているのですね。

南ヶ丘牧場ロバ

息子が一人でロバに乗り、僕がロバをひきます。

1回720円で4週できます。

これって結構お得じゃないですか?

 

僕と息子がロバにのってゆうゆうと回っている間、妻は一心不乱に写真を撮っていました。

主に息子の勇姿を写真に収め、感無量と行った感じの妻。

僕も、まさか息子が一人でロバに乗れるとは思っていなかったので、驚きました。

成長しているんだなあと実感した瞬間です。

完全なる親ばかですが。

ソフトクリームとハンバーグランチで那須旅行のシメ

南ヶ丘牧場ソフトクリーム

さて、ロバにも乗って大満足の我が家は、お目当てのソフトクリーム売り場に。

僕は汗だくでソフトクリームを食べる気分ではなかったので、コーヒー牛乳。

妻はお目当てのソフトクリーム。

息子はソフトクリームが乗ったかき氷。

と当然ながら息子が一番高いものを食べているのですが、涼をとって一休みしました。

 

時間はもう11時30分。

別の場所でお昼を食べようと思っていたのですが、今日は土曜日、時間的にも混む頃なので南ヶ丘牧場内でランチを済ませることにしました。

 

南ヶ丘牧場では、ジンギスカンやハンバーグをレストランで食べられます。

我が家はハンバーグを食べられる「お食事処 庄屋」を選びました。

南ヶ丘牧場ハンバーグ

これ見てよ。

間違いなく美味しいやつですよ。

僕はシンプルなデミグラスハンバーグ(1390円・ライスorパン付き)。

このハンバーグは、ぎっしりぎゅっとお肉がつまっているタイプです。

ハフハフしながら食べる肉の固まりと栃木の美味しいお米。

絶品ですな。

 

南ヶ丘牧場ハンバーグ

妻が頼んだのは、期間限定の照り焼き風ハンバーグヨーグルトソースがけ。

南ヶ丘牧場ハンバーグ

このマスタードをつけて食べると、またうんまいです。

 

最後に、南が丘牧場で買い物などが10%OFFになるクーポンを持っていたので、チーズケーキやお菓子をお買い物。

その場で岩手に済む友人にもお土産を買って、発送しちゃいました。

便利な世の中です。

那須高原 南ヶ丘牧場

栃木県那須郡那須町湯本579【地図

場所:0287-76-2150 8時00分から17時30分(下記は延長の場合あり)

<主なイベントの料金>

  • 入園料は無料
  • 動物ふれあい広場・入場料 200円(3歳未満無料)
  • 乗馬・乗ロバ 720円
  • うさんぽ広場 15分・500円(えさのにんじんは100円)
  • 釣り堀のさお・えさ代 220円

南ヶ丘牧場公式ホームページ

 

まとめ:妊婦でも子連れ旅行は楽しめる!

遊んだ!

食べた!

楽しんだ!

初夏の那須高原を満喫しまくった妊婦・子連れ旅行でした。

 

我が家の妻は幸いなことに状態が安定していますので、無理をしないように、休憩をはさみながら旅行をすれば、特別なトラブルもなく旅を楽しめます。

ただ、最低限の準備やもしもの時の対応法などは話し合っておいた方が良いでしょう。

 

ホテルに関しては、やはりウェルカムベビーの宿だと安心感はあります。

同じような子連れや妊婦さんも多いですし、何より気兼ねしなくて良いです。

子どもは騒いで当たり前、ハプニングが起きて当たり前というのは、宿泊客、ホテルのスタッフさん、誰もが理解しているので、余計な気を使う場面がとにかく少なくなります。

もちろん、子連れ用にホテル内も様々な配慮がされているので、泊まりやすいというのは間違いないです。

ぜひ、現在妊娠中の皆さんも「あたし今、妊娠してるしなー。心配だしなー」などと弱気にならず、妊娠中でしか出来ない旅行や思い出づくりを楽しんで下さい。

 

今回宿泊したホテルとプラン

りんどう湖ロイヤルホテル

 

子連れ旅行に最適なりんどう湖ロイヤルホテルの宿泊プラン

 







-子連れ旅行, 育児
-, , ,

Copyright© 30代夫婦が妊活をして赤ちゃんを授かるためにやったこと , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.